弁理士短答試験R2特実19┃実施権等

弁理士試験
/5
0 votes, 0 avg
5
Created on

弁理士短答試験(特実)

弁理士短答試験R2特実19

特許法に規定する実施権等に関し、次の(イ)~(ホ)のうち、正しいものは、いくつあるか。

1 / 5

Category: 弁理士短答試験R2特実

専用実施権についての通常実施権を実施の事業とともに第三者に譲渡する場合、特許権者の承諾を得る必要はないが、専用実施権者の承諾を得なければならない。

R2特実19

2 / 5

Category: 弁理士短答試験R2特実

専用実施権者は、その専用実施権を放棄する場合、専用実施権についての通常実施権者があるときは、その者の承諾を得なければならないが、特許権者の承諾を得る必要はない。

R2特実19

3 / 5

Category: 弁理士短答試験R2特実

通常実施権を目的とする質権の設定は、登録しなければ、その効力を生じない。

R2特実19

4 / 5

Category: 弁理士短答試験R2特実

特許権者甲が、特許法第 92 条に基づき、自己の特許権Aに係る特許発明の実施をするための通常実施権の設定の裁定により、乙の特許権Bの通常実施権の設定を受けて、特許権Aに係る特許発明の実施の事業を行った。甲の特許権Aが、特許権Aに係る特許発明の実施の事業と分離して丙に移転する場合は、特許権Bについての甲の通常実施権も丙に移転する。

R2特実19

5 / 5

Category: 弁理士短答試験R2特実

通常実施権者が、通常実施権を目的として質権を設定したときは、質権者は、契約で別段の定をした場合を除き、当該特許発明の実施をすることができない。

R2特実19

Your score is

The average score is 76%

0%

・免責事項

当ブログからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
また当ブログのコンテンツ・情報について、できる限り正確な情報を提供するように努めておりますが、正確性や安全性を保証するものではありません。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

Amazonのアソシエイトとして、適格販売により収入を得ています。

弁理士試験
takoyaki732をフォローする
知財のすみっこ

コメント

タイトルとURLをコピーしました