新着記事

予測シリーズ

【手続補正書の予測】特願2021-071700(サントリーHD)

拒絶理由通知を受けた場合、拒絶理由を解消するために特許請求の範囲を補正することができます。企業に代わり、どのような内容に補正するかを考えるシリーズです。 書誌事項・出願時の請求項 出願記事特許 2021-071700(2021...
2024.06.02
予測シリーズ

【拒絶理由通知の予測】特願2020-148829【刊行物等提出書】

審査中の他社特許が権利化されたら困る場合、「拒絶理由があるから権利にならないよ!」と特許庁に情報提供することができます。どのような書類を作成するのか、練習を兼ねて記載しようと思います。 情報提供 概要 特許庁に、先行技術を提示...
2024.06.02
学ぶシリーズ

【拒絶理由・意見書集】サイトマップ

主な拒絶理由 新規性(特許法第29条第1項第1号から第3号)進歩性(特許法第29条第2項)先願(特許法第39条第1項)/同日出願(同条第2項)実施可能要件(特許法第36条第4項第1号)サポート要件(特許法第36条第6項第1号)明確性...
2024.05.26
学ぶシリーズ

【拒絶理由で学ぶ】固形製剤【明確性(除く補正(36条6項2号))】

(19)【発行国】日本国特許庁(JP)(12)【公報種別】公開特許公報(A)(11)【公開番号】特開2024-28666(P2024-28666A)(43)【公開日】令和6年3月4日(2024.3.4)(54)【発明の名称】固形製剤 ...
タイトルとURLをコピーしました